最初のデートで失敗するパターン!デートで印象を崩さない為に

最初 デート 失敗

 

上手く恋愛をするにはデートが大切です。

 

デートをすることで相手のことを知り、
相手に知ってもらい良い恋愛が出来ます。

 

デートには理想と現実があり、理想と違えば恋も冷め、
現実が理想よりも良ければ更に良い恋愛が出来るようになります。

 

初デートって一番大切ですよね?

 

あなたは初デート、どんなデートが理想ですか?
また、そのデートは実際理想のものでしたか?

 

失敗をしない為に最初のデートを成功させる方法を考えておきましょう。

 

 

最初のデートで大切なこと

 

最初のデートで大切なのは、相手が自分に持っている印象です。
まず、3パターン考えられますよね。

 

  1. 男性として良い印象を持っている
  2. 友人として良い印象を持っている
  3. 特に興味はない

 

デートをすることになったとしても、
相手は自分をどう思っているのか、最初は全く情報不足。

 

スポンサーリンク

 

 

嫌いだとしたらデートなんてしないでしょうし、
デートへ行くという時点で少しは希望があるということですよね。

 

最悪のパターンは友人として良い印象を持っている場合です。
友人というポジションが決定してしまったら
何度デートをしてもそれを覆すことは難しい。

 

『二人で出かけても何とも思わない親友』と思われてしまいます。

 

友人という印象を持たれたら、
最初のデートで腕を組もうがアピールしようが
相手に印象を変えることはできません。

 

なので、
もし相手が自分に「友人」という印象を抱いているなら、
その印象を変えてからデートをするべきです。

 

最初のデートで印象がコロッと良い方へ変わり、
上手くいく恋もありますが、
「友達⇒恋人」にシフトチェンジしない男性も多いんです。

 

最初 デート 失敗

 

相手が持っている印象をある程度理解しておく

 

「第一印象」どう見られているか、ある程度把握しておきましょう。

 

優しい女性だと思われていたり、オシャレだと思われていたり、
最初に出逢った時の自分はどんな感じだったかを思い出してみて下さい。

 

「彼女はすごく会話が弾むから一緒にいて楽しい」
「趣味が合うからきっとデートでも楽しいだろう」
最初のデートで彼が抱いている理想と現実を
あまり差がない状態にしておくとある程度は上手くいきます。

 

いつも喋っていて楽しそうなら、デートの時も緊張して
会話が途切れちゃうなんてことがないようにしておきたいですね。

 

 

硬い女、軽い女と思われないようにしておく

 

男性はある程度意識している女性へ
ガードを調べる行動を取ります。

 

最初のデートでボディタッチを嫌がってしまうと、
もうこの女性には脈がないと思われてしまいますし、
最初なのにいきなりガードを緩めすぎると、
軽い女だと思われてしまいますよね。

 

ある程度の好意は伝えながらも、しっかりガードを意識しておく。
ガードのレッテルを貼られる前に、
「大切な女性」として扱ってもらえるようにしておきたいですね。

 

スポンサーリンク

 

 

最初のデートで個性を出し過ぎない

 

食べ物の好き嫌いが激しい女性や、
人とは違う趣味を持っていて、それが女性らしくない趣味だったり、
そんな人とは異なる個性を最初のデートで出してしまうと、

 

嫌われてしまう可能性も否めません!

 

特に好き嫌いの激しい女性は男性ウケが悪いので、
食事へ行くときはマナーをある程度守り、
「ゆとりのある大人の女」を演出しておきたいですね

 

 

デートで失敗するパターン

 

  1. 最初のデートが自宅デートだった
  2. 彼の苦手なことをしてしまった
  3. 自分だけはしゃいでしまった
  4. テンションが上がりすぎてあまり何を喋ったか覚えていない
  5. 寝坊をした
  6. 最初のデートだからとオシャレに気合いを入れすぎた
  7. 張り切り過ぎて体調を壊した
  8. 近場を選んで知人と遭遇(しかも男)
  9. 定番スポットすぎてカップルばかり
  10. 緊張しすぎて全く喋っていない
  11. 素を出し過ぎた
  12. ボディタッチをし過ぎた
  13. 時間ばかり気にしていた
  14. 最初なのに親を紹介した
  15. 彼の知らないことばかり喋った
  16. 愚痴ばかり言っていた

 

恋愛上手な方は、最初のデートでは
限りなく理想に合わせて、徐々に現実を見せていきます。

 

欠点のない人間なんていません。ですが、
最初のデートでその欠点を出す必要はありません。

 

相思相愛なら欠点が徐々に出てきても、
良い所も悪い所も好きになれる、というのが恋愛だと思うんです。

 

卑怯かもしれませんが、
最初のデートでは出来る限り欠点は隠すこと。
わざわざ自分から墓穴を掘ることはありません。